★ イベント・キャンペーン EVENT & CAMPAIGN

新型コロナウイルス対策「飛沫感染防止アクリルボックス」をMaker's会員様と共同開発しました。

新型コロナウイルス対策「飛沫感染防止アクリルボックス」を会員様と共同開発しました。

お知らせ

Maker'sの運営会社であるコムネット株式会社では、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大し、オーバーシュート(爆発的な患者急増)による医療崩壊危機の可能性に備え、医療従事者を施術中の飛沫感染から予防する「組み立て式のアクリル什器キット」をレーザー加工機で製造いたしました。
医療機関を対象に、100セットまで無償で提供いたしました。

無償での提供は、受付終了させていただきました。
有償でもよろしければ、下記よりお問い合わせください。

「飛沫感染防止アクリルボックス」購入希望はこちら

2020.04.21(火)更新
現在、100セットお申し込みの先着順に発送にとりかかっております。
それ以降にお申し込みを頂きました皆様には、有償にてのご案内メールと併せて弊社の取り組みにご賛同を頂ける製造業者様の連絡先、製作代金も併せてご案内しております。

メール件名: お申込み頂いた飛沫感染防止アクリルボックスについて【コムネット】
メール差出人:コムネットニュースマガジン(magazine@comnet-network.co.jp)で送信しております。


たいへん恐縮ではございますが、記載の商品代金でも宜しければ、案内の業者様に直接ご依頼を頂きますようにお願い致します。
※お申し込み時の連絡方法で「電話」をご選択された方へは、お電話にてご連絡させていただきます。

2020.04.20(月)更新
本日4/20の現時点でお申し込みが上限100セットに達したため、お申し込み受付を終了させていただいております。
それ以降にお申し込みを頂きました皆様には、有償にてのご案内となってしまいます。 アクリル材料が全国的に不足している最中ですが、弊社の取り組みにご賛同を頂ける製造業者様を募り調整中ですので、大変恐縮ではございますが、一両日中に改めて医療機関様へご連絡させていただきます。

飛沫感染防止アクリルボックスキット

開発背景:Maker’s会員のブライアン氏との共同開発のきっかけ

この飛沫感染防止アクリルボックスは、Maker’sの会員様である武頼庵S.寧尊(ブライアン S. ネイソン)氏との共同開発です。

台湾の医師が医療従事者向けに"Arerosol box(エアロゾルボックス)"を生産・配布している活動に同氏が賛同し、「同じことがコムネットで開発・生産できないか?」とご提唱いただいたのがきっかけで共同開発にいたりました。

今回提供するアクリルボックスの形状は、初回製作の試作品をブライアンさんが病院の現場に持ち込み、医療の現場で従事するお医者さんの意見を取り入れた改良版になります。

共同開発者の武頼庵S.寧尊(ブライアン S. ネイソン)氏とMaker'sの西村店長

飛沫感染防止アクリルボックスの詳細はこちら

組み立て方法を動画で解説

医療従事者の方でも簡単に組み立てられるように、組み立て方法を動画で解説しています。

レーザー加工データを無料配布中。医療現場からの情報を募集しております。

飛沫感染防止ボックスのレーザー加工データを無償提供させていただいております。レーザー加工機を導入されている方々にもお役立ていただければ幸いです。(コムネットWEBサイトからダウンロード可能。)

また、市販されていないが、今の医療現場で必要なアクリル製品、便利なアクリル製品があれば情報をご提供いただけるよう、専用窓口を設けています。
私たちにもお役にたてることがあるかもしれませんので、ぜひお気軽にご意見をお寄せください!

取材・プレスに関するお問い合わせ(報道機関の皆様)
コロナウイルス対策に関するご意見・ご要望(医療機関の皆様)はこちら

この記事が気に入ったら、シェアをお願いいたします!